HOME > 新着情報

国会エネルギー調査会に出席しました。

2018年7月17日 国会エネルギー調査会に出席いたしました。

今回のテーマは、「原発の廃炉コスト見積りは適正なのか」についてです。
立教大学金子勝教授、金森絵里立命館大学教授(スカイプ参加)、
日本エネルギー経済研究所の松尾雄司氏ほか有識者の方々ならびに、
資源エネルギー庁、東京電力も出席し、議論が行われました。

冒頭、第5次エネルギー基本計画について資源エネルギー庁から説明がありました。
これに対し、出席者からは
「今回の基本計画は4年前に策定された第4次エネルギー基本計画とほぼ同じ。
再生エネルギーが主流となりつつある世界の変化にまったく追いついていない。
日本だけが沈没している」
といった、厳しい意見が出されました。

その後、本題である廃炉コストの見積りについての議論が行われました。
有識者の先生方から、各国における試算、わが国の試算、その計算方法の説明と問題点等について説明があり、これらに関する議論が行われました。
これに対し、資源エネルギー庁から説明がありましたが、
計算式の指数や、その根拠となる費用見積もりについて明確な根拠が示されず、
また、数十万年かかるとも言われる高放射能廃棄物の処理についても、埋設後の管理費用が試算に含まれないなど、
廃炉コストの見積り方法には大きな問題があることがわかりました。
また、廃炉作業や高放射能廃棄物の管理は電気事業者が行うことになっているなど、
廃炉後の安全性の確保についても、さらなる検討が必要であると感じさせられました。

私からは、日本エネルギー経済研究所作成の処分費用の試算について、
将来の年利が3%と想定されていることから、その前提がありえない利率であり、
現実に即した年利で計算しなければ、試算自体がまやかしになってしまうのではないかということを指摘しました。
現実に即して年利0.1%で算定すれば、割引率が大幅に下がるため、
廃炉費用のコストは現状で示されているものの数十倍に跳ね上がることが予想されます。
原発については、このようなわかりにくく気づきにくい数字のまやかしが横行しています。
私は今後も、こういったことに鋭くメスを入れていきたいと思います。

「羽衣の松」土壌の固結層除去作業が行われました

本日、静岡市清水区の三保松原「羽衣の松」の土壌に生成された固結層の除去作業が、静岡市によって行われました。

この羽衣の松の保全については、以前フェイスブックでもご報告いたしましたとおり(3月20日記事)、
地質学者である塩坂邦雄先生からのご指摘について文化庁文化財記念物課長にヒアリングを行い、抜本的な改善策を要望していました。

文化庁は県、市との協議で検討すると約束してくれていましたが、この度、塩坂先生のご指摘が実り、
抜本的対策としての固結層除去作業が行われるに至ったことは、静岡市民全体にとって喜ばしいことであり、
私も微力ながらお力添えできたことを大変うれしく思っています

質問主意書に対する答弁書が送付されました。

2018年6月5日提出した「防衛省におけるイラク等の日報問題に係る関係者の処分に関する質問主意書」
及び
2018年6月7日に提出した「日立製作所が英国で進める原子力発電所建設に対する政府の支援策に関する質問主意書」
の答弁が、2018年6月15日に戻ってきましたので、掲載いたします。

答弁は今回も、ほぼゼロ回答でした。国会法に基づいて提出されている質問主意書ですので、政府にはもっと真摯な態度での答弁を求めます。

防衛省におけるイラク等の日報問題に係る関係者の処分に関する質問主意書・答弁書
イラク日報質問

イラク日報答弁

日立製作所が英国で進める原子力発電所建設に対する政府の支援策に関する質問主意書・答弁書
原発質問

原発答弁

財務金融委員会が開会されました。

6月5日(火)財務金融委員会が開会されました。

財務省の提出した「森友学園案件に係る決裁文書の改ざん等に関する調査報告書」
に関して、野党各会派が質疑を行いました。

国会の会期も残り少なくなってまいりましたが、すべての法案審議が終了した財務
金融委員会では、「日銀の出口戦略」についてなど、大局的な財政議論も行ってい
く必要があると感じています。

ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と肝炎ウイルス検診等の推進を求める請願

私は、かねてより全国B型肝炎訴訟静岡県弁護団団長として、B型肝炎問題に取り組み、
ウイルス性肝がん・重度肝硬変患者に対する医療費助成の署名集めを行う等、肝炎患
者の皆様のお役に立つため、活動してまいりました。

本日、ウイルス性肝炎患者の救済を求める全国B型肝炎訴訟静岡損害賠償請求事件原告
団の代表者の方々及び同弁護団の方が国会事務所に来訪され、「ウイルス性の肝がん・
重度肝硬変患者の支援と肝炎ウイルス検診等の推進を求める請願書」署名をお預かり
いたしました。

今後も、原告団の皆様とともに、肝炎問題解決に向け、精一杯取り組んでまいります。

「電力システム改革貫徹のための政策小委員会中間とりまとめに関する質問主意書」に対する政府答弁書

2018年5月21日に提出した
「電力システム改革貫徹のための政策小委員会中間とりまとめに関する質問主意書」
の答弁を、本日受理しましたので、掲載いたします。
事実上のゼロ回答でした。政府には、真摯な答弁を要請いたします。

質問主意書

答弁書

国会エネルギー調査会に出席しました。

5月15日(火)国会エネルギー調査会に出席しました。

この日のテーマは、「2050年を見すえたエネルギー政策」についてでした。

高橋洋都留文科大学教授より、外務省気候変動に関する有識者会合の報告を聴取し、
経産省・外務省・環境省からもヒアリングを受けました。
気候変動に関する認識については、エネルギー基本計画を所管する経済産業省より外
務省・環境省の方が危機感を持って対応している印象を受けました。

今夏に改定されるエネルギー基本計画には、世界共通のテーマである気候変動対策が
しっかり盛り込まれることを強く要望いたします。

財務金融委員会が開かれました。

5月11日(金)久しぶりに財務金融委員会が開会されました。

本国会で財務金融委員会が所管する法案は、すべて「日切れ法案」と言われる
年度末期限切れの法案で、3月末日までに法案の審議は終了しています。

この日は財務・金融に関する件なら何でも質問できる、一般質疑が行われました。
他の委員会は法案審議が遅れ気味で日程が窮屈になっていますが、
日程にゆとりのある財務金融委員会では、大局的な議論が可能です。

将来世代につけを残さないための財政議論が活発化することを期待します。

国会エネルギー調査会に出席しました。

2018年4月26日 国会エネルギー調査会に出席いたしました。

今回のテーマは、「原発事故後の健康管理」でした。

獨協医科大学 木村真三准教授の基調報告を拝聴し、原子力市民委員会の海渡雄一弁
護士、岩波書店「科学」田中太郎編集長などより、提言を伺いました。

私からは、福島県の県民健康調査について、
「被曝を原因とする小児甲状腺がんの場合、中高年以降に発症することの多い一般的
な甲状腺がんとは異なり、ラチェットがん(生命に対する危険性が少ないがん)とは
言えないという議論がある。小児甲状腺がんが被曝による影響かどうかを調べるとと
もに、この議論についても事実を確認していくことが大事だ。鈴木眞一氏が学会で公
表したデータをみると甲状腺がんのステージ3以上が増えている。ここをきちっと調
査することが環境省・厚労省の課題だ。」と指摘させていただきました。
また環境省には、年度ごとの発症率をしっかりデータ化すること、学内調査もしっ
かり公表すること、の2点を要望いたしました。

引き続き、環境省とは議論を重ねてまいります。

世界経済フォーラム議員連盟総会に出席しました

2018年4月12日衆議院議員会館内で行われた「世界経済フォーラム議員連盟」総会に
出席しました。
この会合は通称「ダボス会議議連」と呼ばれる超党派の連盟です。
世界経済フォーラム会長 クラウス・シュワブ博士の基調講演を拝聴し、ダボス会議
での議論についてもご報告いただきました。
2018年7月2日には、第4次産業革命センターが東京に設立されることも発表されまし
た。