HOME > 新着情報 > 「羽衣の松」土壌の固結層除去作業が行われました

「羽衣の松」土壌の固結層除去作業が行われました

本日、静岡市清水区の三保松原「羽衣の松」の土壌に生成された固結層の除去作業が、静岡市によって行われました。

この羽衣の松の保全については、以前フェイスブックでもご報告いたしましたとおり(3月20日記事)、
地質学者である塩坂邦雄先生からのご指摘について文化庁文化財記念物課長にヒアリングを行い、抜本的な改善策を要望していました。

文化庁は県、市との協議で検討すると約束してくれていましたが、この度、塩坂先生のご指摘が実り、
抜本的対策としての固結層除去作業が行われるに至ったことは、静岡市民全体にとって喜ばしいことであり、
私も微力ながらお力添えできたことを大変うれしく思っています